ri0ca’s diary

やり直しがきかない人生

開通タグホイヤー①

{それでは気になった方の番号を6つ挙げて下さい。}

 

と、係の人はアナウンスしたが、私の頭は真っ白だった。

確かに30人の男性が1分ずつ私の前に座っては去って行った。風のように。何が何だか分からないまま、何を話したかなんて覚えていない。ましてや誰に好感を持ったかなんて以ての外である。

それで選べだと?人間の判断能力を何だと思ってるんだ、超能力者ですか?

私はメモ紙に目を落とした。「兄弟多い」「釣り人」「1/6誕生日」…だめだ、こりゃ。

隣のTさんのメモを覗き込む。私の社会復帰に付き合ってもらった友人である。

さすがの賢いTさん、きちんと的を絞って簡潔に書かれてあった。

私は薄〜〜〜い記憶を辿ってみる。すると1人が浮かび上がった。

f:id:ri0ca:20161006015222j:image※写真はイメージです

石井一久を寸胴にしたような、要するに私のタイプだった(知らんがな)職業や趣味も興味深かった。ので迷わずにこの方を指名、後は適当に書き、結果を待つ。

しばらくするとマッチング結果なるものが配られる。要するに「あなたが選んだ人は●人ライバルが居ますよ」「あなたの事●番が狙ってますよ」という、非常に効率的であるのと同時に死ぬほどこっぱずかしいシステムだ。

これを元に、フリータイムに入るのだが「さぁ!積極的にどーぞぉ!」と言われても、え?…え??となるのがオチである。実際、みんな戸惑っているようだった。

私が指名した石井(仮)は私ではなく、Tさんを指名しているというまさかのトライアングルが発覚。いきなりショック。しかし私は果敢に2人で石井の所に行こう!と提案。「一網打尽にしちゃえばいいんだ!」…全く意味不明。

石井(仮)は感じよく話をしてくれて、私は有頂天になっていた。しかも見れば見る程タイプ。何とか爪痕を残そうと私の中の乙女を捻り出そうとするが、そもそも持ち合わせておらず空回り。途中でTさんと喫煙所へ行ってしまったので、1人ポツーンとしてしまった。

ふと目の前を見ると2人組のサラリーマンが座っていたので何となく話し掛けた。「お2人はお友達ですか?」「いや、仕事関係の…」こんな何の変哲もない会話だったと思う。

そして、フリータイムは終了。いよいよ最後のマッチングである。3名指名して、相手と両思いであればカップル成立である。

私は迷わず石井。…と、ここで先程話した例のサラリーマンが、最初に私を指名していた事に気付いた。

f:id:ri0ca:20161006023807j:image※写真はイメージです

系統で言えば香田晋ライン、45歳 自営業

へぇ、選んでくれてたのか。知らずに喋っちゃったな。

しかし、うーん、年上過ぎるし、いかにもおっさん!な雰囲気だったし、第一まるでタイプじゃない…

でもまぁ、話した感じは悪くなかったし、せっかく指名してくれてたんだし、まぁいっかぁ…

と、ほんの仏心で香田(仮)の番号を記入。結果を待った。

男性、女性の順に退場し、封筒を渡される。カップル成立した人には「おめでとう!」の紙が入っているので、相手の人と合流し連絡先を交換してね!という流れ。

封筒を開けると、Tさんは石井とカップル成立していた。分かっていたがショックである。私は愛する?石井を手に入れる事は出来ず、失恋してしまったのである。

愛しい石井がこちらに近づいて来る。私ではなくTさんのもとに…。ああ刹那。しかしそんな哀愁もつかの間、その後ろから満面の笑みで近づいて来る男…

f:id:ri0ca:20161006023807j:image※写真はイメージです

「いやあ!ダメ元で書いたけど、良かったあ!どこ行く?」

そう、私は私で、香田(仮)とカップル成立していたのである。

「え…いや、私は帰…」

「この子、借りちゃっていーかな?!」

私の言葉を押し除けTさんに話しかける香田(仮)。しかもちゃっかり私の肩をソフトタッチ。

 

ああああああーーーっ!!!

完全NG!!!

セクハラ反対!!!

コンプライアンスコンプライアンスー!!!

 

 

私は猛烈に後悔した。婚活において、仏心なんて出してはいけないのだ。困った。このギラギラおやじどう処理したらいいの…

とりあえず今日は帰ると謝り、LINEは交換した。バス停まで送ると言うので着いて来て貰ったが、途中で手を握ろうとしたのでさすがにドン引きした。

 

コンプライアンスコンプライアンスー!!!

勘違いはダメだよおっさん!!

そして海原へ

と、いうように

8月まで闇の引きこもり生活を送っていた私も、社会復帰に向け動き出します。

得るものも多かったけど、15年かけて下手を打った。これは事実です。この無駄な時間は取り戻したい。

まぁ、動いてないと死にたくなるからとも言えます。だってそうでしょう、人妻という囲いが外れ再び、放りだされたんです。自由で良いじゃないと言う人も居るでしょう。氏ね。それは「まるで何もない」恐怖でもあるんだよ。おっと、disるつもりは無かったんですが私の中の厨二が、つい。

 

という訳で、15年前には市民権の無かった婚活パーティーに行く事にしました。

再婚したいの?と友人に聞かれました。正直、良くわかりません。どちらかといえばNOです。わざわざあの面倒な共同生活をすぐしたいのか、と言われると勘弁して下さいと思います。

でもね、とりあえず独身だから出来ること、やりたいじゃないですか。知らない人同士、よそよそしく探り合うように会話して、デートなんかして、無駄に楽しそうじゃないですか、そう、自由恋愛パーリーピーポー。

あと、このブログの冒頭に書きましたよね。わたしはセックスしたいんです。…うーん、こう書くとちょっとアレですけど、大真面目に言ってます。もちろん誰でも良いわけじゃないから難しい。みんなそうでしょうけどね。

 

 

まぁ、15年のブランクで自分にそんな相手がすぐ、出来るわけ無いんだけど。

 

そう、この時はそう思ってました。

しかし、思いもよらない展開が待っていたのです。

 

広告を非表示にする

1月

1月某日、母親に離婚することを告げた。 「がんばったけど、駄目だった。」 ごめんなさい、と言ったところで涙が出た。もうこれで、終わるのかな…と思った。誰にも言わなければ、いつもの諍いで元に戻ると思っていた。これ以上の話し合いは望めない。 そう覚悟しての事だった。

月末に1時間の距離にある実家へ引越した。

それまで半年間にわたって家庭内別居の状態が続いていた。 ドア越しに主人の気配を感じながらの生活は地獄のようだった。 ほんの少し前までは当たり前のように仲良く過ごしていた日々、もう戻る事はない日々、かといって先へ進める勇気もなく。 結婚記念日、クリスマスは布団の中で丸くなって過ぎるのを待った。 これほど時間が遅く感じたことはなかった、ただ虚しく、悲しい時間だった。

2月、職場を辞めた。 事情は誰にも言わなかった。 辞めるまでは実家から通った。 最後まで何事もなく勤め上げることができた。これでよかった。

3月、からっぽになった。 毎日死んだように横になって過ごしていた。 そして調停がはじまった。

4月、母の勧めでジムに通うようになった。 調停で不利な状況になり、毎晩旦那が夢に出てくるようになった。 ダイビングのライセンスを取ろうと思い立ち、沖縄へ。 何かないと、やりきれなかった。

5月、不利な状況が続く。友人に会うと、かえって情緒が乱れるようになった。 時間の流れに置いていかれていると感じていた。 人に会うのが嫌になり、引きこもりに拍車がかかる。

6月、調停が一つ前へ進む。母と旅行へいく。 何かひとつ、目標を立ててみようと思い立ち、マラソン大会にエントリーする。

7月、マラソン大会に出る。膝を壊す。 調停が終わり、離婚が成立する。

8月、ようやく新しくスタートさせる事となった。 名義や手続き、携帯…変えられるものはいっきに変えた。今は息を止めて走るしかない、そんな心境だった。立ち止まると、きっと崩れ落ちてしまう。

毎日ではなくなったが、相変わらず夢には旦那が出てくる。 当たり前のように布団に寝ている、いつもと同じシーン。私は旦那の背中を見ながら「あれ?離婚は何かの間違いだったのかな?」と思っている。そこでいつも目が醒める。間違いではない、現実だ。 私はきっと、あの家に気持ちを全て置いてきたままなのだ。 戻りたい訳ではない、後悔はしていない。 だけど気づけば「何処かで引き返せる何かが有ったのではないか」が巡りだす。 空いた穴は、心の傷は、そのままだ。 消えることはないのかもしれない。

広告を非表示にする

素晴らしい日

慰謝料の振込がありました。

今日は素晴らしい日。

 

 

「相手方は慰謝料100回払いを希望されてます」

と調停員から聞いた時は目が点になりましたね。

「100回って…何年ですかね?」

「8年ですね」

「」 

 

オリンピック2回来ますね。

 

 

 

家賃光熱費こそ払ってくれていましたが、それ以外の生活費や食費、貯金は私の稼ぎからというルールでした。

主人は全部「お楽しみ」に使い果たしたようで、貯金はゼロどころかマイナスという有様。

それなりに給料も貰っていた筈なんですがね(棒)

主人の言葉を鵜呑みにして、ちまちまと貯金してきた私…

その貯金を夫婦の共有財産だと要求してきた時は殺意が湧きましたね。

おまけに私が購入した車まで。

まぁ、渡しませんでしたけど…

 

 

 

そんなクソカスセコケチ野郎から、ささやかながらも慰謝料を払わせた。という事は、自分の中でとても大きい事でした。とても辛い日々でしたが。

 

どういうことか、最終的に一括払いになりました。

 

さて。これはセコセコ貯金するつもりはありません。これからの自分が少しでも前へ進むために、使いたいと思います。

 

今日は素晴らしい日。

広告を非表示にする

半年間の出来事

こんにちわ。ri0caです。 私もこの半年間について書いてみようかなという気になり、 ブログを始めることにしました。 周りにはなかなか話せず、 心にずっとあった事を綴ろうと思います。

今日、わたしは離婚しました。

半年に及ぶ調停が決着、離婚が成立しました。 結婚9年、交際期間を含めると15年に及ぶ生活に終止符を打ったのです。 最後は実にあっけないものでした。

…1年前は自分がまさか離婚するとは思ってなかったと思います。 いや、半年前もきっと、まだ信じていたかもしれない… まぁ、 今となってはどうでも良いことです。

これからですか?そうですね。

とりあえず セックスしたいですね。

…と いうのは極端な話ですが 何しろ7年致してないので、もはや機能が機能するかどうかも分かりません。 良く言えば未知数ですね。

わたし普段下ネタなんて結構平気でいうタイプなんですが 実は女として扱われて無かったなんて笑えますよね。

当然ながら?子供も居なかったので、「不妊治療してるんですか?」なんて聞かれる事もありましたね。 土俵にすら上がってないっちゅーの。

初投稿なのに少し自虐が過ぎたかもしれません。 ここでは色々な事を比較的正直に書いて行こうと思ってます。 お付き合い頂けると幸いです。

それでは

広告を非表示にする