読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ri0ca’s diary

やり直しがきかない人生

開通タグホイヤー③

車内ではチャゲアス(往年のアレ)が流れていた。パーティーの時に私が好きだと言ったからだろう、気が利いている。

 

「香田(仮)さんは独身ですか?」

「え?」

「あ、ずっと独身か…って意味です」

んー、と渋い顔をする香田。

「違うよ、一回結婚してたよ」

そっか45歳なら不思議じゃないな。 前の奥さんとの間に中3の息子と小6の娘が居て、一緒には住んではないそうだ。

そこから自然とお互いの結婚生活の話、いわゆるデリケートな内容になっていった。話せる範囲で…としながらも、香田は色々と話してくれた。それは私も同じだった。同じバツイチだからなのか、相手が香田だからなのかは分からないが、不思議な安心感があった。  

「…え?ちょっと待って意味分からない。」

香田の顔色が変わった。7年レスだったという話になったところで、だ。話の流れでつい言ってしまった。

「そんなに仲悪かったの?」

「めちゃくちゃ良かったですよ」

「そういうのが苦手、とか…」

「普通です」

「たまには女性から誘うのも…」

「散々誘いましたよ」

「だったら普通男はさ…」

「全く駄目でした」

「」

余程信じられないのか、矢継ぎ早に質問されたが、聞く事が無くなったようだ。 私も投げやりに言いながらも複雑な気持ちになる。

「ごめん、凄くショックで」

「何で香田さんがショック受けてるんですか(笑)」

「だって普通ありえんやろ。7年も放置するなんて…酷すぎる」

今度は私が黙る番だった。

そうだよね…

「辛かったやろ?頑張ったね」

被せるように言われ、目の前が一瞬滲んだ。 斜めからではあるけれど(だいたい原因の一部であってメインじゃないし)初めて真正面から肯定されたような、救われた気分だった。

くっそ、こんなことで…

っは!!!!

気付いたら手を繋がれていた。

これは噂の手の平サンドイッチ、 いや半ドイッチ? 私は激しく動揺した。 ななななな

「顔、赤いよ…」

香田はさっきまでの業者でなく、かといって最初のあの気の早い感じでもなく、知らない人になっていた。

お前誰や!!!!!